HOME > Biography

Biography

貴水玲央 Leo TAKAMI 作曲家/ギタリスト

1970年 東京生まれ。
14歳でギターをはじめる。バークリー音大出身のギタリスト津村秀明氏よりギター及び音楽理論を学ぶ。ジャズ、クラシック、アンビエント、雅楽などを自身のルーツとして楽曲を制作しつつ現在に至る。

2012年、東京のレーベルFlavour of soundよりアルバム「Children's song」リリース。2017年、カリフォルニアのレーベルTime released soundよりアルバム「Tree of life」リリース。2020年、ニューヨークのレーベル「Unseen Worlds」からアルバム「Felis Catus and Silence」をリリース。その他、Apple Musicなどでの配信多数。

Leo TAKAMI Composer/Guitarist

Born in Tokyo in 1970.
He started playing guitar at the age of 14. He studied guitar and music theory from guitarist Hideaki Tsumura from Berklee College of Music. He has been producing music with his roots in jazz, classical music, ambient music, and gagaku.

In 2012, the album "Children's song" was released from the label "Flavour of sound" in Tokyo. In 2017, released the album "Tree of life" from the California label "Time released sound". In 2020, released the album "Felis Catus and Silence" from the label "Unseen Worlds" in New York. Many other distributions on Apple Music.

貴水玲央 公式Facebookページ
貴水玲央 活動情報 Twitter(スタッフアカウント